任意整理すると5年位お金借りることができません

便利なカードローンやクレジットカードも使いすぎると毎月の返済が苦しくなってきます。真面目な人ほど返済のために新たな借金をし最後にはお金借りることができなくなります。こうなると悪循環で生活にも大きな影響を及ぼしてしまいます。支払のために生活が苦しくなったら任意整理を検討してみましょう。
任意整理とは債務整理の一つですが、自己破産のように裁判をするのではなく、貸金業者と任意の話し合いをし利息をカットしたり借金の減額を交渉することです。この交渉によって、毎月無理なく返済できる額まで減らそうとするものです。貸金業者としても自己破産されてしまうと1銭も戻ってこなくなるので、その前の段階で少しでも回収できるようにと任意整理に応じるわけです。
任意整理の交渉を始めると、督促が止まります。そして利息カットと借金減額を実現します。最終的には3~5年で無理のない分割払いをしていくことになります。デメリットはと言うと、約5年間信用情報に登録されますので新たにお金借りることやクレジットカードを作ることができなくなります。
裁判所を通すわけではないので官報にのることもありませんので、他の方に知られる心配もありません。また、新たにお金借りることができなくてもかえって好都合ですから何の問題もありません。